JFL鈴鹿に罰金500万 元役員が敗退行為を指示

日本サッカー協会の規律委員会は5日、クラブ幹部による意図的な敗退行為の指示があったなどとして、日本フットボールリーグ(JFL)鈴鹿ポイントゲッターズに500万円の罰金、元クラブ役員に2年間のサッカー関連活動禁止の処分を科すと発表した。当該の2020年11月29日の最終節ソニー仙台戦は0―3の没収試合とした。

同委員会によると、鈴鹿は敗れた方が他クラブのJ3昇格を阻む可能性が高くなるため、敗戦を画策。クラブオーナーから監督らに「(試合の状況次第では)負ける選択肢を選んでほしい」との発言があり、元役員は選手に「わざとPKを与える」などと指示を出した。選手らの反発を受けてクラブ社長が方針を撤回して「正々堂々戦う」旨の誓約書を交わした。

試合結果は0―1だったものの、同委員会は、意図的な操作で負けたとは認められないと判断した。オーナーには3カ月、社長には1カ月のサッカー関連活動禁止処分を科した。

会員限定記事会員サービス詳細