桜とパンジー、春色の競演 とっとり花回廊

とっとり花回廊の「花の丘」に広がるパンジーと桜=4日、鳥取県南部町
とっとり花回廊の「花の丘」に広がるパンジーと桜=4日、鳥取県南部町

42品種230本の桜が楽しめる鳥取県立フラワーパーク「とっとり花回廊」(同県南部町)で見頃を迎えたソメイヨシノと、約5万株のパンジーが競演し、来園者を魅了している。10日ごろまで楽しめる。園内の「花の丘」には赤紫色やオレンジ、黄色などのパンジーが一面に広がり、麓に並ぶ桜と春らんまんの景色を織りなしている。

5日までに見頃を迎えた園内の桜は、鮮やかなピンク色の「陽光」や、垂れ下がった枝先に濃い桃色の花をつける「八重紅枝垂」など。中旬にかけては、八重咲きの「楊貴妃」といった遅咲きの桜が咲き始めるという。

とっとり花回廊の「花の丘」に広がるパンジーと桜=4日、鳥取県南部町
とっとり花回廊の「花の丘」に広がるパンジーと桜=4日、鳥取県南部町

神奈川県厚木市から夫婦で訪れた介護士、岩本仁美さん(33)は「桜と他の花を同時に見ることができ、写真映えもする」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細