スピード女子・高木姉妹それぞれの道へ 菜那引退 美帆続行

涙を拭いながら笑顔で会見を行う高木菜那=東京都新宿区(撮影・佐藤徳昭)
涙を拭いながら笑顔で会見を行う高木菜那=東京都新宿区(撮影・佐藤徳昭)

スピードスケート女子の高木菜那(29)、美帆(27)=日体大職=の姉妹が5日、それぞれ東京都内で記者会見を開き、2018年平昌五輪で2個の金メダルを獲得した姉の菜那は現役引退を表明した。2月の北京冬季五輪で金1個を含む4個のメダルを手にした妹の美帆は現役を続ける姿勢を示した。幼少時から切磋琢磨(せっさたくま)してきた2人は、それぞれの道に進む。(橋本謙太郎)

高木菜は東京都新宿区で記者会見し「今季は自分を信じて最初から攻めたレースができた。やっと心から自分をほめてあげられた」と引退理由を語った。

中長距離で活躍し、五輪には14年ソチ大会から3大会連続出場。平昌五輪では美帆らと出場した団体追い抜きとマススタートで金メダルを手にし、日本女子で史上初めて一大会2冠を達成。北京五輪は団体追い抜きで銀メダルを獲得した。

15歳で10年バンクーバー五輪に出場した美帆と比較されることが多い競技人生だった。「高木美帆の姉ではなく、やっと高木菜那として氷の上に立ち、戦えたのが引退を決意したもう一つの理由」と明かした。

一方で「妹がいたからこそ、ここまでスケートを続けることができたし、ここまで世界と戦うことができた。本当に妹でよかった」と、美帆に感謝した。

今後については未定で「一般の方にもスポーツの楽しさを伝えていけたら」と抱負を語った。

高木美は東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見し、冬季五輪で1大会日本勢最多のメダル4個を獲得した北京五輪を、「挑む姿勢を自分の中で持つことができた上で挑めた大会」と振り返った。

今後については「スケートを滑りたいと思っている自分がいることを感じた」と語り、現役続行の方針を示した。どういう形で続けるかは未定で、4年後のミラノ・コルティナダンペッツォ五輪を目指すかは「分からない」とした。

引退を表明した菜那については「目標に向かって本気で頑張っていく姿を幼いころから見てきた」と振り返り、「寂しい気持ちもあるが、もう競わなくていいんだと思う気持ちも少しはある」と心境を語った。また、「姉は(会見で)私が『妹でよかった』と言ってくれたみたいだが、思い返してみれば、姉が姉でよかった」と口にした。

会員限定記事会員サービス詳細