キツネから鳥インフル検出 哺乳類で国内初確認

キタキツネの親子
キタキツネの親子

北海道は5日までに、札幌市内で見つかったキタキツネ1匹の死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5型)を検出したと発表した。環境省によると、哺乳類の感染確認は国内初。同ウイルスに感染したカラスを食べたことが原因とみられる。

札幌市では3月29日にハシブトガラス5羽の死骸が見つかり、いずれも遺伝子検査で同ウイルスの陽性が確認された。キタキツネはカラスの発見場所付近で31日に死骸で見つかった。

環境省によると、海外では感染した鳥を食べることで哺乳類に感染した例があるという。

会員限定記事会員サービス詳細