物価高対策、具体化へ協議 首相「危機に緊急対応」

原油価格・物価高騰に関する関係閣僚会議で発言する岸田文雄首相=5日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
原油価格・物価高騰に関する関係閣僚会議で発言する岸田文雄首相=5日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

政府は5日、原油や穀物などの物価高騰に対応する緊急対策を協議する関係閣僚会議を開いた。物価高が企業活動や国民生活に与える影響と、これまでの対応状況を整理し、月内にまとめる対策に反映させる。

岸田文雄首相は会合で「新型コロナウイルス禍からの経済社会活動の順調な回復を妨げることを避けなければならない」と強調。「直面する危機に緊急かつ機動的に対応するべく、与党とも十分連携をしながら効果をしっかりと発揮できる対策を4月中に取りまとめる」と述べた。

緊急対策は原油高対策と食料安定供給、中小企業支援、困窮者支援の4本柱。財源には、2022年度予算に計上している予備費と新型コロナ対策予備費の計5兆5000億円の一部を活用する。

物価高対策は自民党も検討を進めており、4月半ばごろまでに内容をまとめて、政府に提言する見通しだ。

会員限定記事会員サービス詳細