奈良・天理市、ウクライナ避難民3人受け入れへ

奈良県天理市は4日、ロシアのウクライナ侵攻で国外に逃れたウクライナ避難民3人を4月中旬にも市内で受け入れると発表した。天理大学(同市)を卒業したウクライナ人女性とその家族。ウクライナ避難民の受け入れは県内の自治体では初めて。

市は市営住宅の空き部屋を無償提供するほか、水道代や光熱費を当面負担する。並河健市長は「少しでも安心して過ごしてもらえるよう心を込めてお迎えしたい」とコメントした。

市は避難民の長期的な生活支援のため、専用の銀行口座を開設し、募金を呼びかけている。

振り込み先は「南都銀行天理支店」で口座番号は「普通2379958」、口座名義は「天理市ウクライナ避難民支援募金」。

会員限定記事会員サービス詳細