現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

世界の論点

北「新型ICBM」発射

新型ICBMの発射実験を視察する金正恩朝鮮労働党総書記(手前) =3月24日、平壌(朝鮮中央通信=共同)
新型ICBMの発射実験を視察する金正恩朝鮮労働党総書記(手前) =3月24日、平壌(朝鮮中央通信=共同)

北朝鮮が3月24日、日本海に向けて「新型」の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した。北のICBM発射は2017年11月以来で、今回の飛行距離は約1100キロ、最高高度は6000キロ超に達し、発射角度を変えた場合、米国全土を射程に収める1万5000キロ以上の飛行距離があるとみられている。国際社会がロシアによるウクライナ侵攻への対応に追われる中での挑発行動に米政府は危機感を募らせ、5月に政権が交代する韓国では中国責任論が高まっている。

≪韓国≫

ランキング

  1. 【主張】NHK党の反論 サラリーマンをなめるな

  2. 【主張】学校の半旗 弔意を妨げる方が問題だ

  3. 【産経抄】8月15日

  4. 【正論】この夏に思う 少年兵と海軍少尉に「倣いて」 文芸批評家・新保祐司

  5. 【産経抄】8月16日

  6. 【主張】終戦の日に 抑止力高め平和を次世代へ、首相と閣僚は靖国参拝を 論説委員長 榊原智

  7. 【正論】LGBTには「生産性」がある 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

  8. 【浪速風】離別にあたって

  9. 【産経抄】8月14日

  10. 【佐藤優の世界裏舞台】「政治と宗教」非難の結末

会員限定記事