現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

計画的で長期的な「脱・ロシア」を 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦

吉崎達彦・双日総合研究所副所長
吉崎達彦・双日総合研究所副所長

かつてレーニンは「資本主義を破滅させる最良の方法は、通貨を堕落させることだ」と喝破したという。皮肉にもそれと同じことが、いまのロシア経済に対して試されている。ウクライナとの戦争をやめさせるためである。

制裁の「キモ」は金融にあり

現在進行中の対露経済制裁の「キモ」は金融にある。西側の金融システムからロシア経済を切り離すこと、特にロシア中央銀行の外貨準備を凍結したことが大きい。ロシアは「万が一」の事態に備えて6400億ドルもの外貨準備を蓄えてきた。今回、日本銀行が預かっている円資産も含め、その3分の2程度が封鎖されることとなった。これでは通貨ルーブルの下落は止めようがない。ロシア中銀は金利を9・5%から20%まで上げて防戦に努めている。

ランキング

  1. 【主張】偽りの住民投票 世界は「茶番」の全否定を

  2. 【正論】友好に名借りた「侵略」見つめる時 作家・ジャーナリスト 門田隆将

  3. 【緯度経度】香港人たちが仮面を脱いだ夜 藤本欣也

  4. 【産経抄】9月30日

  5. 【主張】安倍氏の国葬 真心込めて故人を送れた

  6. 古代ギリシャの逸話と重なる安倍氏国葬 「真の政治家は不人気」 鹿間孝一

  7. 【主張】日中国交50年 関係を根本から見直せ 経済・学術界も安保の視点を

  8. 【一筆多論】ゼレンスキー批判に思う 遠藤良介

  9. 【浪速風】プロ野球はスポーツ振興くじの対象となるべきか

  10. 【石平のChina Watch】よみがえる「商鞅の亡霊」

会員限定記事