立民・泉代表、自民改憲案を批判「参院選争点になる」

立憲民主党の泉代表
立憲民主党の泉代表

立憲民主党の泉健太代表は3日、緊急事態条項の新設を含む自民党の憲法改正案4項目を念頭に「国民の自由や人権を守るという立憲主義の立場に反する」と批判した。憲法をめぐり各党の姿勢が夏の参院選の争点になり得るとの認識も示した。金沢市で記者団の質問に答えた。

自民などが緊急事態条項新設をめぐる議論を推進している点に関しては「ロシアのウクライナ侵攻や新型コロナウイルス感染の情勢にかこつけて、憲法の緊急事態条項をことさら持ち出すのは場当たり的だ」と非難した。

一方、国民民主党の玉木雄一郎代表は盛岡市で記者会見し、緊急事態時に国会議員の任期延長を可能とする憲法改正について早急に議論すべきだとの考えを示した。「参院選までに結論を得るぐらいのスピードでしなければいけない。もし反対するなら、大きな争点になる」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細