ウクライナ「キーウ州全域を奪還」

3月31日、首都キーウ(キエフ)郊外でロシア軍部隊を制圧し、破壊した戦車の上で自撮りするウクライナ軍兵士(AP)
3月31日、首都キーウ(キエフ)郊外でロシア軍部隊を制圧し、破壊した戦車の上で自撮りするウクライナ軍兵士(AP)

ウクライナ国防省は2日夜(日本時間3日未明)、首都キーウ(キエフ)郊外のイルピン、ブチャ、ホストメリをロシア軍から解放し、キーウ州全域を奪還したと発表した。ウクライナメディアが伝えた。

露国防省は先月29日、キーウや北方チェルニヒウ方面などウクライナ北部での軍事活動を削減すると発表。米国防総省やウクライナ軍などが露軍部隊の一部撤退を確認していた。露国防省は、親露派武装勢力が実効支配してきた東部の「解放」が「主要目標」だとし、東部での攻勢を強める方針を示している。

会員限定記事会員サービス詳細