MGMの買収を完了したアマゾンが、激戦区のストリーミングで「本気で戦う」必要がない理由

アマゾンが大手映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の1兆円規模の買収を完了させた。ジェームズ・ボンドからロボコップ、ロッキーといった大作まで手中に収めたことになるが、それでも本気で戦い続ける必要はないという固有の事情がある。

ついにアマゾンが「ジェームズ・ボンド」を手に入れた。『ロボコップ』や『ロッキー』シリーズもである。

大手映画会社のメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)を84億5,000万ドル(約1兆円)で買収するとアマゾンが発表してから、ほぼ1年が経った3月17日(米国時間)。「The Everything Store(何でも買える店)」であるアマゾンは、取引をようやく完了した。

アマゾンの発表によると、このハリウッドの伝統のあるスタジオは「Amazonプライム・ビデオとアマゾン・スタジオのコンテンツを補い、顧客に多様なエンターテインメントの選択肢を届けることになる」という。確かに4,000本の映画と数千時間分のテレビ番組によって選択肢が増えることは間違いないが、それで十分なのだろうか。

流動的なストリーミング市場

現時点において、ストリーミングサービスの顧客は流動的である。2021年のストリーミングサービスの加入者数は14%増と大幅に増加したが、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で多くの人が家にいたことで世界の加入者数が10億を突破した前年の26%増よりは少ない。Netflixの投資家はユーザー数の伸び悩みを懸念している。

業界団体のモーション・ピクチャー・アソシエーションによると、ストリーミングプラットフォームで公開されたオリジナルドラマのシリーズの数は21年に54%増で約700番組となった。一方で、プラットフォームが独自制作するオリジナル映画の数は20年と21年ともに横ばいの179本となっている。

新型コロナウイルスが拡大を阻んだと思われるが、市場の飽和はほぼ不可避であるという事実は変わらない。人々が視聴に使える時間には限りがあるのだ。このため、世界中の巨大メディア企業は新しいコンテンツを用意することで視聴者が観たいと思うものを十分に用意し、解約されないようにしている。

会員限定記事会員サービス詳細