連合福岡が立民・国民候補推薦 参院選、一本化できず

連合福岡の藤田桂三会長(中央)から参院選の推薦決定通知書を受け取った立憲民主党の古賀之士氏(左)と国民民主党の大田京子氏=2日、福岡市博多区(小沢慶太撮影)
連合福岡の藤田桂三会長(中央)から参院選の推薦決定通知書を受け取った立憲民主党の古賀之士氏(左)と国民民主党の大田京子氏=2日、福岡市博多区(小沢慶太撮影)

連合福岡は今年夏の参院選福岡選挙区(改選3)で、立憲民主党の現職、古賀之士氏と国民民主党の新人、大田京子氏を推薦することを決め、2日、福岡市内で古賀、大田両氏に推薦決定通知書を手渡した。連合福岡は立民、国民に対し候補の一本化を求めていたが、調整は実らず、やむなく両党候補を推薦することになった。

同日、連合福岡と古賀、大田両氏はそれぞれ共通の政策協定も結んだ。

連合福岡の藤田桂三会長は記者会見で「両党の支持が広がっている状況にはなく、本当に厳しい選挙戦になる。何としても1議席以上は死守したい」と述べた。

藤田氏から推薦決定通知書を受け取った古賀氏は「(立民と国民で)一本化できなかったことは残念だ。状況は極めて厳しいが、初心に帰って分かりやすい政治を目指す」と語った。大田氏は「立民とは政策実現に向けた姿勢に違いがある。政策に女性の視点を反映させたい」と意気込んだ。

連合福岡は昨年末、立民、国民両党に候補者の一本化を要請した。古賀氏を無所属の統一候補として擁立する案が浮上したが、党本部の反対もあり調整は頓挫した。

会員限定記事会員サービス詳細