馬毛島基地に理解求める 防衛相、地元首長と会談

鹿児島県西之表市の馬毛島(小型無人機から)
鹿児島県西之表市の馬毛島(小型無人機から)

岸信夫防衛相は2日、鹿児島県西之表市の馬毛島への自衛隊基地整備計画をめぐり、馬毛島の東部にある種子島で地元自治体の首長と会談した。岸氏は西之表市の八板俊輔市長に「国の防衛と日米同盟の抑止力、対処力強化のために極めて重要」と理解を求めた。八板氏は「判断材料がそろっていない。しかるべき時期に一定の考えを示す」と従来の考えを崩さなかった。

会談は非公開で、終了後にそれぞれ記者団の取材に応じた。岸氏は、自治体に支給する米軍再編交付金の金額を増やせるよう省令を改正したことも報告した。両氏は「住民の不安を解消する具体的で現実的な対応に向けた議論を重ねる」との認識で一致した。

岸氏は会談後、自衛隊機で馬毛島に上陸し、地形などを確認した。防衛省によると、現職の防衛相が馬毛島を視察するのは初めて。

会員限定記事会員サービス詳細