「初の大規模な反乱」 ロシア兵300人脱走か、英紙報じる

ウクライナ南東部マリウポリのロシア兵=1日(タス=共同)
ウクライナ南東部マリウポリのロシア兵=1日(タス=共同)

1日付英紙タイムズは、ウクライナに侵攻したロシア軍が隣国ジョージア(旧グルジア)から援軍として派遣したロシア軍兵士のうち、約300人が脱走したと伝えた。ヒッチハイクをするなどして元の任地に戻ったとされ、今回の侵攻での「初の大規模な反乱」とみられると報じた。

ロシア側は、ジョージアからの独立を主張する親ロ派支配地域の南オセチアに駐留する自国軍兵士ら約1200人と、アブハジアに駐留する約800人を派遣。約300人が持ち場を離れ南オセチアに戻ったとされる。

1日、ウクライナ南東部マリウポリで、荒廃した街中を歩く住民(タス=共同)
1日、ウクライナ南東部マリウポリで、荒廃した街中を歩く住民(タス=共同)

ロシア軍はジョージアの両地域に計約1万人の兵士を駐留させていたとみられている。(共同)

ウクライナ東部ハリコフ州の村の近くで、破壊された戦車の砲身に足をかける同国の兵士=1日(AP)
ウクライナ東部ハリコフ州の村の近くで、破壊された戦車の砲身に足をかける同国の兵士=1日(AP)


会員限定記事会員サービス詳細