宇野「来季、挑んでいく」 アイスショーの公開リハ

宇野昌磨(右)と鍵山優真(共同)
宇野昌磨(右)と鍵山優真(共同)

フィギュアスケートの世界選手権でともに初優勝した男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子の坂本花織(シスメックス)らが1日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームでアイスショー「スターズ・オン・アイス」の公開リハーサルに参加し、宇野は「今季は今まで以上の成績を残すことができたが、来季以降、この成績を全く背負わず、挑んでいきたい」と新たな決意を口にした。

ショートヘアで登場した坂本は「4年の節目ということで(世界選手権から帰国後)思い切ってばっさり切りました」と満面の笑みを見せ「次、何を目標に頑張ろうかなって、ちょっと考え中」と語った。世界選手権のペアでパートナーの三浦璃来と日本勢初の銀メダルを獲得した木原龍一(以上木下グループ)は「(今後の五輪で)個人戦のメダルを目指したい」と抱負を述べた。

会員限定記事会員サービス詳細