ポーランド派遣、代理検討 法相、家族がコロナ感染

古川禎久法相
古川禎久法相

政府は31日、ロシアが侵攻したウクライナからの避難民支援のため、4月1日から予定していた古川禎久法相のポーランド訪問に関し、代理を派遣する方向で調整に入った。古川氏の家族が新型コロナウイルスに感染したため。複数の関係者が明らかにした。

古川氏は首相特使として、ポーランドのモラウィエツキ首相ら政府要人と会談する予定だった。帰国時に、日本での受け入れを希望する避難民や在留邦人を政府専用機で移送することも調整していた。

会員限定記事会員サービス詳細