現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

千利休500年

商人ならではの自己プロデュース力

千利休は堺の商家に生まれている。なぜ茶の道を志し、茶聖といわれるまでになったのか。

会社員のゴルフと同じ

 初代楽長次郎による「赤楽茶碗 銘 手枕」。千利休が大徳寺117世古渓宗陳に献上したと伝わる(金沢市立中村記念美術館提供)
初代楽長次郎による「赤楽茶碗 銘 手枕」。千利休が大徳寺117世古渓宗陳に献上したと伝わる(金沢市立中村記念美術館提供)

当時の堺は交易の街として栄え、有力商人が「会合衆(えごうしゅう)」を組織し、自治を主導していた。町衆は交流する場を持ち、その一つが茶会だった。

-茶室で茶をいただいた後、亭主は客の要望に応え、「松嶋」の銘がある自慢の壺を披露。料理や菓子を味わった-

ランキング

  1. 関電の風力発電に反対決議 蔵王温泉観光協会、山形

  2. 将棋・王位戦第1局始まる 藤井王位に豊島九段挑戦

  3. 近畿地方も梅雨明け、まだ6月なのに… 観測史上最短

  4. 【書評】元共産党政策委員長・筆坂秀世が読む『いちばんよくわかる! 憲法第9条』西修著

  5. 藤井聡太の「どの駒にも活躍の場はある」を肝に銘じたい

  6. 京都・五山送り火 今夏は3年ぶり通常通り

  7. 沖縄知事がコロナ濃厚接触 県議会は延会

  8. 宇宙飛行士試験 205人通過 JAXA

  9. 【話の肖像画】落語家・桂宮治(26) 爆笑と大ネタ人情噺、両輪の魅力

  10. 大阪市で期限切れワクチン112人分誤接種

会員限定記事