ロシア、ウクライナ東部で 対人地雷使用か

ウクライナ東部ハリコフ郊外で訓練するウクライナ兵=11日(AP)
ウクライナ東部ハリコフ郊外で訓練するウクライナ兵=11日(AP)

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は30日までに、ロシア軍がウクライナ東部ハリコフ周辺で、国際条約で禁じられている対人地雷を使用したと指摘した。

HRWによると、28日に見つかった地雷は「POM―3」と呼ばれ、半径16メートルの殺傷能力を持つ。HRWは、対人地雷が「戦闘員と市民を区別しない」とし、世界各国がロシアを強く非難すべきだと訴えた。

1999年に発効した対人地雷禁止条約(オタワ条約)にはウクライナを含む160を超す国・地域が加盟。ロシアは「国土防衛には地雷が必要」などとして加盟を拒んでいる。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細