AV出演強要で緊急対策 政府、成人年齢引き下げ

若者を狙ったアダルトビデオ(AV)への出演強要問題に関する関係府省庁の対策会議。手前中央は野田男女共同参画相=31日午後、東京・永田町
若者を狙ったアダルトビデオ(AV)への出演強要問題に関する関係府省庁の対策会議。手前中央は野田男女共同参画相=31日午後、東京・永田町

政府は31日、若者を狙ったアダルトビデオ(AV)への出演強要問題に関する関係府省庁の対策会議を開いた。4月からの民法の成人年齢引き下げで18、19歳がAV出演契約を後から取り消せる「未成年者取り消し権」の対象から外れて出演を強要される恐れがあり、政府は相談窓口の周知など啓発強化を柱とする緊急対策を取りまとめた。

出席した野田聖子男女共同参画担当相は「この問題は被害者の心身に深い傷を残す重大な人権侵害だ。行政府としてできることを最大限やるという観点から対策を決定した」と述べた。

出演強要問題を巡り、支援団体が、4月以降も18、19歳に従来と同様の取り消し権を認めるよう求めている。

岸田文雄首相は28日の国会答弁で「教育、啓発の強化にしっかり取り組む」と強調。内閣府や警察庁、消費者庁、法務省などの幹部による会議で議論することになった。

会員限定記事会員サービス詳細