米ファンドが東芝買収検討 非上場化に現実味

東芝本社が入るビル近くに掲げられたマーク=東京都港区
東芝本社が入るビル近くに掲げられたマーク=東京都港区

米投資ファンドのベインキャピタルが東芝買収を検討していることが31日、分かった。東芝筆頭株主のシンガポール投資ファンド「エフィッシモ・キャピタル・マネージメント」も株式の売却に応じる意向を示している。東芝は2分割計画が株主に否定され、再建策の見通しが立たない状況となっていたが、非上場化に現実味が出てきた。

エフィッシモは31日、「ベインキャピタルが東芝株の公開買い付けを始めた場合、応募する」とし、保有株を売却する意向を表明した。ベインに対しては24日付で、書面で通知した。

一方、ベインは「公開買い付けに関し、決定した事実はない」とし、東芝の非上場化については「解決すべき課題が多い」としている。

東芝はベインの買収検討について「何ら関知していない。企業価値の向上のためあらゆる選択肢の検討を引き続き行う」とのコメントを出した。

会員限定記事会員サービス詳細