「100歳」容疑者を死亡扱い 26年前殺人事件、全国初

平成7年秋、山口県下関市出身の無職、吉田卓三さん=当時(37)=が殺害され、同市の海岸と北九州市の岸壁で遺体の一部が見つかった事件で、山口県警が全国に指名手配していた父親の吉田富一容疑者=同(74)=を所在不明のまま「容疑者死亡」扱いとし、殺人などの疑いで昨年10月に書類送検したことが31日、捜査関係者への取材で分かった。

福岡県警と合同捜査本部を組んで捜査してきたが進展は見込めない状況で、容疑者が生きていれば100歳となる時期を節目に書類送検、捜査を事実上終結させた。捜査関係者によると「100歳送致」と呼ばれ、全国で初のケース。

吉田容疑者は7年10月ごろ北九州市内で、何らかの方法で卓三さんを殺害した疑いで指名手配された。同年10月28日~11月7日ごろ、北九州市小倉北区にあった自宅アパートの室内で、卓三さんの遺体を鋭利な刃物で切断し、頭部を下関市安岡駅前の海岸付近に、腰部を小倉北区西港町の海上に捨てた死体損壊・遺棄の疑いも持たれていた。

©2020-2022 The Sankei Shimbun. All rights reserved.