未来のタカラジェンヌ「大きな羽背負いたい」 合格者発表

喜びを分かち合う、宝塚音楽学校の合格者ら=30日午前、兵庫県宝塚市
喜びを分かち合う、宝塚音楽学校の合格者ら=30日午前、兵庫県宝塚市

タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)は30日、今春入学する第110期生の合格者40人を発表した。受験者数は692人で倍率は17・3倍。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一昨年と昨年に続き合格者の番号の学内掲示は取りやめ、ホームページのみで公表した。合格者は宝塚歌劇団の舞台を目指し、2年間の厳しい稽古に励む。入学式は4月16日の予定。

発表後の午前11時すぎ、入学説明会に出席するため合格者が次々と同校を訪れた。校門前の桜並木では合格者同士が抱き合い、喜びを分かち合った。大阪府河内長野市の中学3年、西田和(にしたわ)亜子さん(15)は「真風涼帆(まかぜ・すずほ)さんのような男役になり、舞台で大きな羽を背負いたい」と意気込んだ。

東京都世田谷区の高校2年、市川陽遥里(ひより)さん(17)は「自分の番号があるのが信じられなかった。お花のような品のある娘役になりたい」と感激していた。

会員限定記事会員サービス詳細