イスラエルで銃撃、5人死亡 被害相次ぎ緊張高まる

イスラエル中部テルアビブ近郊で29日、自動小銃を持った男が通りの車や通行人に向けて無差別に発砲し、イスラエル人5人が死亡した。イスラエル紙「エルサレム・ポスト」などが伝えた。男はアラブ系とみられ、現場で射殺された。

イスラエルでは南部ベエルシェバで22日、北部ハデラで27日に刃物や銃を使った襲撃事件があり、計6人が死亡している。犯人はいずれもアラブ系で、相次いで起こった襲撃事件に同国内で緊張が高まりそうだ。

地元テレビによると、テルアビブ近郊で発砲した男は、ヨルダン川西岸ジェニン出身で20代のパレスチナ人の可能性がある。仲間の男が警察に拘束された。

ベエルシェバとハデラの事件では、犯人とイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)との関連が指摘されている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細