官房長官、米国の核戦略維持を歓迎

会見する松野博一官房長官=30日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
会見する松野博一官房長官=30日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は30日の記者会見で、米国防総省が概要を公表した新核戦略指針「核態勢の見直し」(NPR)に核抑止力と拡大抑止の維持が盛り込まれたことを歓迎した。「わが国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、同盟国として米国の姿勢を強く支持する」と述べた。

また、核兵器の役割低減に向けた姿勢を示したことに関しても、「『核兵器のない世界』に向けた現実的な軍縮不拡散の取り組みを進めていく上で重要だと考えており、高く評価する」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細