現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

THE古墳

高松塚壁画発見の前日は嵐だった「被葬者が侵入拒んだ」

高松塚古墳(奈良県明日香村)で極彩色の「飛鳥美人」壁画が見つかって50年。記念シンポジウムが3月20日、東京都内で開かれ、昭和47年の発掘に携わった研究者が登壇した。壁画発見前日の同年3月20日を振り返り、「50年前のこの日、高松塚は嵐のような荒天だった」と回想。「私たちが石室に入らないよう、被葬者が最後のあらがいをしたのではないかと今でも思っている」と語った。美術史の専門家は「飛鳥美人だけ描き方が違う」とし、「当時の原則から外れており、若手の絵師が描いたのでは」と推測した。高松塚の謎は、半世紀を経ても尽きない。

壁画にこそヒント

「7世紀末から8世紀初め」。歴史の解説書などは高松塚古墳の築造時期を明確に記している。しかし、「7世紀末はあり得ない」と主張したのが、有賀祥隆(よしたか)・東北大名誉教授(美術史)だ。

築造時期は、発掘で見つかった土器や副葬品から推定されたが、出土品には文字もなく、これ以上絞り込むことはできない。

そこで、壁画からアプローチしたのが有賀さん。47年の発見当時、文化庁担当者として現地に入り、保存対策とともに壁画の研究に取り組んだ。

ランキング

  1. 【びっくりサイエンス】過剰な筋トレに死亡、がん発症リスク 東北大など解明

  2. ノーブラ派の落とし穴?! 専門家が恐れる「たんたんたん現象」 ノンワイヤーの「涼ブラ」でキレイとラクを両立 [Sponsored]

  3. 【性ホルモンを学ぶ】⑪実は難しい「夫婦の自然妊娠」 人生設計に不可欠な性教育

  4. 研究者ら大量雇い止め恐れ 非正規、令和5年3月契約終了

  5. 若年層にも広がる「帯状疱疹」 コロナ禍で増加に拍車か

  6. 米滑落死は平賀淳さん 山梨出身の山岳カメラマン

  7. 【教えて!goo】医師が解説 焼肉を食べると下痢になる2つの理由とは

  8. 医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由

  9. 和田アキ子さんがコロナ感染

  10. 準強制性交容疑の男性市議に辞職勧告、滋賀・高島市

会員限定記事