音声SNS「Clubhouse」は“終わり”を迎えようとしているのか

音声SNS「Clubhouse」で人気を博してきたルーム「Lullaby Club」の終了を、運営してきたミュージシャンのアクセル・マンスールが公表した。アマゾンが手がけるプラットフォームへの移転が理由だが、こうした動きはClubhouseの“終わり”を意味するのだろうか──。『WIRED』US版エディター・アット・ラージ(編集主幹)のスティーヴン・レヴィによる考察。

音声SNS「Clubhouse」から、“子守歌”が失われようとしている。ミュージシャンのアクセル・マンスールが3月上旬、Clubhouse上で開催してきたバーチャルルーム「Lullaby Club」の終了を発表したのだ。一時期は時代の寵児だったClubhouseにおいて、夜のくつろぎトークや音楽で人気を集めた場所である。

これは決して小さな出来事ではない。67,000人のメンバーがいた「Lullaby Club」は最も人気のルームのひとつで、『ニューヨーク・タイムズ』にも取り上げられた。マンスールの笑顔が数週間にわたってClubhouseアプリのアイコンに表示され、文字通りClubhouseの“顔”となったこともある。

だが、マンスールは「今月末までに撤退する」と、失意のフォロワーたちに対していみじくもClubhouseのルームで説明した。なんと「Lullaby Club」は、アマゾンが運営する新たな音声サービスに移転するのだという。すでにツイッターやFacebook運営元のメタ・プラットフォームズなどが“Clubhouse潰し”にかかっているが、ネット通販とエンターテインメントの超大手であるアマゾンもその動きに加わったのである。

定着しつつある「悲しい説」

ある悲しい説が、この数カ月で定着しつつある。それはパンデミックの期間中に誰もが夢中になったClubhouseというソーシャルメディアが、その巨大なイメージに耐えられなかったというものだ。あまりに急成長したことで、ユーザーの突然の増加に対応しきれなかったのである。

そしてマルチ商法のような話が溢れる“ジャンクなルーム”が大半となってしまい、こうした状況を競合相手につけ込まれた。「立ち上げ直後の時期は熱に浮かされた夢のようでした」と、サラ・サラヴィッツは語る。彼女は1年前にClubhouseの記事を書いたときに出会った常連のひとりだ。

サラヴィッツにとって、そこで過ごした時間はいい思い出だが、もうほとんど利用していない。マンスールも深い愛着を感じており、別れの挨拶では「Clubhouseはこれからも自分の心のふるさとであり続ける」と語っている。

それでもマンスールが去ることは間違いなく、ほかの人気クリエイターたちも後に続くかもしれないとほのめかしている。

もしそうなれば、大打撃となるだろう。なにしろClubhouseの創業者たちは、クリエイターを喜ばせることが至上命題だと公言してきたのだ(ちなみにClubhouseは、マンスールにエールを送っている。そして「あらゆるクリエイターが自分の道を見つけており、Clubhouseコミュニティのメンバーが大型契約にこぎつけるのはわたしたちにとってもうれしい」と説明している)。

会員限定記事会員サービス詳細