陸奥親方が事業部長就任 元稀勢は審判部

陸奥親方(元大関霧島)
陸奥親方(元大関霧島)

日本相撲協会は30日、東京都内で理事会と年寄総会を開き、実質4期目に入った八角理事長(元横綱北勝海)による新体制での職務を決め、11年ぶりに理事に復帰した陸奥親方(元大関霧島)が協会ナンバー2の事業部長に就任した。新任で53歳の佐渡ケ嶽理事(元関脇琴ノ若)は審判部長。

審判部には35歳の二所ノ関親方(元横綱稀勢の里)、39歳の鳴戸親方(元大関琴欧洲)が新たに起用された。新理事の伊勢ノ海親方(元幕内北勝鬨)は春場所担当部長。

花籠理事(元関脇太寿山)は教習所長や危機管理部長などで執行部入り。広報部長は芝田山理事(元横綱大乃国)、巡業部長と監察委員長は春日野理事(元関脇栃乃和歌)がともに留任し、伊勢ケ浜理事(元横綱旭富士)は佐渡ケ嶽理事と審判部長2人体制となった。

会員限定記事会員サービス詳細