外務省に車が突入 運転の男を現行犯逮捕

外務省に突っ込んだとみられる車両=30日午後、東京都千代田区(鴨川一也撮影)
外務省に突っ込んだとみられる車両=30日午後、東京都千代田区(鴨川一也撮影)

30日午後6時半ごろ、東京都千代田区の外務省に黒いワンボックスカーが突っ込み、正面玄関の柱に衝突した。男性守衛が車を運転していた男を取り押さえた。


外務省の玄関付近に車が突っ込み、パトカーや救急車が駆け付け騒然となった=30日午後7時ごろ、東京都千代田区霞が関(根本和哉撮影)
外務省の玄関付近に車が突っ込み、パトカーや救急車が駆け付け騒然となった=30日午後7時ごろ、東京都千代田区霞が関(根本和哉撮影)

警視庁麴町署は建造物侵入と建造物損壊容疑で自称・都内在住の自営業の男(45)を現行犯逮捕した。男は調べに対し、「車で外務省に侵入し、柱を壊したことは間違いない」と容疑を認めている。

麴町署によると、男は皇居方面から外務省に右折で侵入しようとし、タクシーに衝突してから車止めを破壊して外務省の正面玄関の柱に衝突した。

車は前部が大きく破損。刺股(さすまた)を持った守衛が「出てこい」と言うと車から出てきたため、身柄を確保した。男は大声を出していたという。近くには林芳正外相の車が待機していたが、被害はなかった。


会員限定記事会員サービス詳細