黒田日銀総裁が岸田首相と面会 「為替は安定推移が望ましい」

岸田首相との会談後、記者団の取材に応じる日銀の黒田総裁=30日午後、首相官邸
岸田首相との会談後、記者団の取材に応じる日銀の黒田総裁=30日午後、首相官邸

岸田文雄首相は30日午後、日本銀行の黒田東彦総裁と官邸で会談し、外国為替市場の動向も含めた内外の経済情勢について意見交換した。黒田氏は会談後、記者団に円安基調が続くドル円相場に関し「経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)を反映して、安定的に推移することが望ましいという考えを申し上げた」と明らかにした。

黒田氏は、エネルギー価格の高騰や米国金利の上昇などに触れ、「円安が進んだことは事実だ」と述べた。一方、日銀が指定した利回りで10年物国債を無制限に買い入れる「連続指し値オペ(公開市場操作)」については、「(日銀の)金融市場調節が直接的に為替に大きな影響を与えているとは考えていない」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細