現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

千利休500年

「切腹せず、九州に逃げた」異説唱える研究者も

現代に通じる茶の道を拓(ひら)き、政治や武家、商人に多大な影響を及ぼした茶聖、千利休。豊臣秀吉の逆鱗(げきりん)に触れたなど諸説ありながら、切腹という壮絶な最期を迎えた、と400年超にわたり伝えられてきた。

この通説に疑義を唱える研究者がいる。「利休は切腹しておらず、追放されて九州に逃げ延びていた」。茶の湯の歴史に詳しい文教大の中村修也教授は、こう主張する。

契機は9年前、「千利休が切腹した場所は京都か堺か」という質問を受けたことだ。研究者にとって「利休が京で切腹したのは自明のこと」(中村さん)だった。根拠を示すため、利休が切腹したとされる1591(天正19)年2月28日前後の史料を探った。意外な事実に気づく。同時代の史料の多くは、利休の切腹をあまり明確に書いていないのだ。

「行方知れずとなった」

ランキング

  1. 【話の肖像画】落語家・桂宮治(25) 私の至高噺「上燗屋」ここで披露

  2. 【びっくりサイエンス】免疫の細菌撃退に必要な「生活リズム」 京都大など解明

  3. 【朝晴れエッセー】真夜中の母娘・6月27日

  4. 「絶望読書」のすすめ 頭木弘樹さん、新たな人生を切り開くため

  5. 医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由

  6. 日本一の黒部ダムで放水 北アルプス背に、夏告げる

  7. 会見でパスワード桁数明かす、尼崎市の対応に批判も

  8. 【月刊正論】これが戦後の元凶だ! 米占領軍の日本洗脳工作「WGIP」文書、ついに発掘

  9. 【話の肖像画】落語家・桂宮治(24) 師匠と号泣、大盛況の披露興行

  10. 「銭湯は日本の宝物」足運ぶきっかけに フランス出身、ステファニー・コロインさん

会員限定記事