首相、小池都知事と会談 ウクライナ避難民受け入れで連携

「今後の新型コロナウイルス感染症対策に関する要望」を岸田文雄首相に手渡す小池百合子東京都知事(左)=30日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
「今後の新型コロナウイルス感染症対策に関する要望」を岸田文雄首相に手渡す小池百合子東京都知事(左)=30日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は30日、東京都の小池百合子知事と官邸で会談し、ウクライナからの避難民の受け入れについて、国と都が連携して取り組むことを確認した。会談後、小池氏が記者団に明らかにした。

小池氏は都が避難民の受け入れに向け、「都営住宅を約700戸準備している」と説明。首相は「大変心強い」と応じ、避難民のニーズを確認する考えを示した。

また、新型コロナウイルスの感染状況についても意見を交わし、ワクチンの3回目接種を推進していくことで一致した。

会員限定記事会員サービス詳細