吉村知事、ドバイで日本館見学 大阪万博もPR

ドバイ万博会場でアイルランド関係者と会談し、握手する大阪府の吉村洋文知事(左)=29日午後(尾崎豪一撮影)
ドバイ万博会場でアイルランド関係者と会談し、握手する大阪府の吉村洋文知事(左)=29日午後(尾崎豪一撮影)

【ドバイ=尾崎豪一】アラブ首長国連邦(UAE)の主要都市ドバイを訪問中の大阪府の吉村洋文知事は29日午後(日本時間同)、万博会場で日本政府のパビリオン「日本館」を含む複数の展示館を見学し、関係者と意見交換した。2025年大阪・関西万博への参加を表明していない国には出展などを働きかけた。

日本館では最新技術を通じて日本の歴史を紹介する展示などを見たほか、中村富安政府代表と会談した。吉村氏が「やっと日本館を訪れることができた。日本館のすばらしさを大阪・関西万博につなげたい」と述べ、中村氏は「日本館がつまらないと大阪・関西万博に行ってもしようがないと思われる。力を合わせて大阪につなげることができた」と応じた。

中村氏からは31日のドバイ万博閉幕後、大阪・関西万博に向け、各国パビリオンの実務担当者による会議の設置について提案を受けた。

ドバイ万博日本館の中村富安政府代表(手前)と意見交換した大阪府の吉村洋文知事(右)=29日午後(尾崎豪一撮影)
ドバイ万博日本館の中村富安政府代表(手前)と意見交換した大阪府の吉村洋文知事(右)=29日午後(尾崎豪一撮影)

その後、吉村氏はイタリアなど3カ国の展示館を訪問。このうちアイルランドとマレーシアとの会談で、アイルランド側は大阪・関西万博に向け「参加するための最終協議をしている」と説明し、マレーシア側は参加の意向を伝えた。吉村氏は記者団に「正式に参加表明していない国から前向きな意見をいただけてよかった」と述べた。

30日は松井一郎大阪市長も現地入りし、博覧会国際事務局(BIE)が主催するイベントデーの式典に出席するほか、パビリオン視察と参加招請活動を本格化させる。

会員限定記事会員サービス詳細