現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

千利休500年

自由都市・堺で磨いたセンス

<干し魚を商う千与四郎(せんのよしろう)の家は、そのすこし南の今市町にあった。大きな問丸(といまる)で、十間間口(じつけんまぐち)の広い店に、大勢の奉公人が住み込んで働いている…>。山本兼一さんの直木賞受賞作「利休にたずねよ」は、大阪・堺の商家の主、34歳の与四郎(千利休)を描く。<家業の干し魚の商いも、納屋貸し業もいたって順調で…>

天下一の茶人、利休。その名が広く知れ渡るのは52歳のとき、織田信長から茶会を取り仕切る「茶頭(さどう)」に取り立てられてからだ。名を成した晩年に対し、前半生を伝える史料は極めて少ない。利休はいかなる前半生を送ったのか。

14歳で「ひとかど」の地位

ランキング

  1. 戦禍から再び舞台へ ウクライナから避難の世界的バレリーナ・大阪

  2. 【びっくりサイエンス】免疫の細菌撃退に必要な「生活リズム」 京都大など解明

  3. 【教えて!goo】医師が解説 焼肉を食べると下痢になる2つの理由とは

  4. 医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由

  5. 会見でパスワード桁数明かす、尼崎市の対応に批判も

  6. 福井大教授の論文撤回 出版社、査読不正認定

  7. 沢村田之助さんが死去 歌舞伎脇役の人間国宝

  8. 【話の肖像画】落語家・桂宮治(25) 私の至高噺「上燗屋」ここで披露

  9. 日本一の黒部ダムで放水 北アルプス背に、夏告げる

  10. 【Mind of SAKURA】元宝塚・美園さくらの思索 SNSとの向き合い方

会員限定記事