グレンコ・アンドリー氏「降伏は今以上の殺戮につながる最悪の選択肢」

グレンコ・アンドリー氏
グレンコ・アンドリー氏

ウクライナ人の国際政治学者、グレンコ・アンドリー氏は29日の参院外交防衛委員会に参考人として出席し、ウクライナのロシアへの降伏について「今以上の殺戮(さつりく)につながるだけの最悪の選択肢だ」と述べた。自民党の和田政宗氏の質問に答えた。

和田氏は「テレビのコメンテーターなどが『このまま戦うと人命が失われたり被害が広がるから降伏した方がよい』という論を展開しているが、どう思うか」と質問した。

グレンコ氏は「今は基本的に殺戮は戦っている地域付近で行われているが、降伏して全土が制圧されたら全土で殺戮が行われる。決して降伏は人命救助につながらない」と答えた。

さらに「降伏という選択肢をウクライナ国民一人一人はもう考えていない。仮にウクライナ政府が降伏だといっても抵抗が続く。その場合は政権と国民の行動が不一致になり、さらなる混乱と殺戮につながる」と指摘し、降伏論に否定的な考えを示した。

 

会員限定記事会員サービス詳細