遠山元衆院議員に有罪判決、違法仲介で 東京地裁

遠山清彦被告
遠山清彦被告

日本政策金融公庫の新型コロナウイルス関連の融資を違法に仲介したとして、貸金業法違反罪に問われた元財務副大臣で元公明党衆院議員、遠山清彦被告(52)の判決公判が29日、東京地裁で開かれた。丹羽敏彦裁判長は「政治活動としての陳情対応の域を明らかに超えており、相応の非難を免れない」として懲役2年、執行猶予3年、罰金100万円(求刑懲役2年、罰金100万円)の判決を言い渡した。

丹羽裁判長は判決理由で「秘書らに寄せられた融資窓口紹介の希望に幅広く応じ、議員辞職後にはコンサルタント業として仲介手数料を得る目的で媒介を行った」と指摘。融資の成約額は計37億円余りに上ったと認定した。

「大半は国会議員在職中のもの。違法性に思いを致すことなく、一部については謝礼の趣旨を含む金銭を受領している」とした一方、「謝礼金は返還し、税務申告を行うなど事後処理を尽くした」などとして、執行猶予が相当と結論付けた。

遠山被告は判決後、「判決結果を真摯(しんし)に受け止め、今後二度と法に触れることのないよう、しっかりと人生を歩んで参る所存です」と書面でコメントした。

判決によると、貸金業の登録を受けずに令和2年3月~3年6月、計111回にわたり融資希望者に公庫の担当者を紹介するなどして貸金業を営んだ。一部は業者を紹介したブローカーで環境関連会社役員の牧厚被告(74)=同罪で公判中=と共謀した。

遠山被告は元年9月~2年9月に財務副大臣を務めた。3年2月、緊急事態宣言中に東京・銀座のクラブを訪れたなどとして議員辞職した。

事件をめぐってはほかに、太田昌孝・元公明党衆院議員の元政策秘書、渋谷朗被告(61)とコンサルタント業、川島裕被告(79)も共謀し、同様に87回違法仲介をしたとして在宅起訴された。

遠山被告への有罪判決を受けて、公明党の山口那津男代表は29日の記者会見で「国民の皆さまにおわび申し上げたい」と陳謝した。

会員限定記事会員サービス詳細