為替相場巡り緊密な意思疎通確認 米政府高官と財務省幹部が会談

財務省の神田真人財務官は29日、米国のアンディ・ボーコル財務次官(代行)と会談し、急速な円安ドル高が進んでいる足元の為替相場などについて議論した。会談後、神田氏は「日米の通貨当局間で緊密な意思疎通を図っていくことを確認した」と述べた。為替相場の急激な変動を牽制(けんせい)する狙いとみられる。

神田氏は為替レートに関する先進7カ国(G7)や20カ国・地域(G20)の合意の維持でも一致したとした上で「為替の安定が重要であって、急速な変動は望ましくない」と強調した。

また米国だけでなく、各国の通貨当局とも緊密な意思疎通を図るとした。

会談では、ウクライナ侵攻に伴うロシアへの経済制裁なども話し合った。

会員限定記事会員サービス詳細