フォト特集

露、キエフ周辺の作戦縮小表明 クリミア主権、15年間協議 トルコで停戦交渉

ロシア軍の砲撃を受けた住宅=28日、ウクライナ・キエフ(ゲッティ=共同)
ロシア軍の砲撃を受けた住宅=28日、ウクライナ・キエフ(ゲッティ=共同)

ロシアとウクライナは29日、トルコのイスタンブールで高官級の停戦交渉を対面形式で再開した。協議終了後、ウクライナ側代表団は、関係国による自国の安全の保障と引き換えに北大西洋条約機構(NATO)加盟を断念する「中立化」方針をロシア側に伝えたと明らかにした。協議は2日間の日程だったが、この日終了したもようだ。ロイター通信などが報じた。

29日、トルコのイスタンブールで対面形式の停戦交渉を再開したロシア(右側)とウクライナの交渉団(タス=共同)
29日、トルコのイスタンブールで対面形式の停戦交渉を再開したロシア(右側)とウクライナの交渉団(タス=共同)

ロシアのフォミン国防次官は29日、停戦交渉を前進させるための信頼醸成措置として、首都キエフと北部チェルニヒウ方面での軍事作戦を大幅に縮小すると表明した。

交渉でウクライナ側は、自国の安全を保障する国にはイスラエル、ポーランド、カナダ、トルコが含まれるとした。ロシアが強制編入したクリミア半島の主権問題については、今後15年間の協議で解決を図ることも提案した。(共同)

29日、イスタンブールで、ロシアとウクライナの停戦交渉団を前に話をするトルコのエルドアン大統領(中央)(トルコ大統領府提供、ゲッティ=共同)
29日、イスタンブールで、ロシアとウクライナの停戦交渉団を前に話をするトルコのエルドアン大統領(中央)(トルコ大統領府提供、ゲッティ=共同)
戦車に乗り、ウクライナの首都キエフから約400キロ東にある町を通過する同国兵士ら=28日、(AP)
戦車に乗り、ウクライナの首都キエフから約400キロ東にある町を通過する同国兵士ら=28日、(AP)
攻撃された食料倉庫で消火活動する消防士=29日、ウクライナ・キエフ(ゲッティ=共同)
攻撃された食料倉庫で消火活動する消防士=29日、ウクライナ・キエフ(ゲッティ=共同)
ロシア軍の砲撃で破壊された住宅で、持ち物を探す男性=28日、キエフ(ゲッティ=共同)
ロシア軍の砲撃で破壊された住宅で、持ち物を探す男性=28日、キエフ(ゲッティ=共同)
29日、停戦交渉について説明するロシア代表団のメジンスキー大統領補佐官=トルコ・イスタンブール(タス=共同)
29日、停戦交渉について説明するロシア代表団のメジンスキー大統領補佐官=トルコ・イスタンブール(タス=共同)

会員限定記事会員サービス詳細