小笠原諸島で海底噴火か 噴煙7千メートル 船舶に警戒呼び掛け

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

気象庁は27日、気象衛星の観測で、小笠原諸島・北硫黄島近くの海底火山「噴火浅根」で同日午後6時ごろ、噴火が発生したとみられると発表した。周辺海域を航行する船舶に警戒を呼び掛けている。

気象庁によると、午後11時半ごろに噴煙が海面上約7千メートルの高さまで上がっていることを確認した。周辺では、噴火に伴って飛散する大きな噴石や、横殴りの噴煙、軽石などの浮遊物に注意が必要という。

会員限定記事会員サービス詳細