菊池は3被弾5失点 「球自体はよかった」

ブルージェイズの菊池雄星(AP)
ブルージェイズの菊池雄星(AP)

米大リーグ、ブルージェイズの菊池雄星は27日・ダンイーデンでフィリーズとのオープン戦に先発して三回1死で一度降板、特別ルールで四回に再び登板したものの一発を浴びてマウンドを降り、計2回⅔、60球を投げ、ハーパーの2発など3本塁打を含む6安打5失点、2四球、2三振で敗戦投手となった。ブルージェイズは5―10で負けた。

■菊池の話「結果が伴わなかったが、球自体は前回よりもよかった。(ハーパーの一回の本塁打は)初球からきっちりとスライダーのタイミングを合わせられた。(昨季ナ・リーグ)MVPだけあって素晴らしい打者だと感じた」(共同)

会員限定記事会員サービス詳細