南北線・品川までの延伸を許可 国交省、有楽町線も

国土交通省などが入る中央合同庁舎第3号館=東京都千代田区
国土交通省などが入る中央合同庁舎第3号館=東京都千代田区

国土交通省は28日、東京メトロが申請していた有楽町線と南北線の延伸事業を許可すると発表した。東京都内での新路線は平成20年開通の副都心線以来。開通すれば他路線の混雑緩和、将来的なリニア中央新幹線へのアクセス向上などが期待される。いずれも開業目標は2030年代半ばとしている。

延伸が認められた区間は有楽町線の豊洲-住吉(4・8キロ)と南北線の品川-白金高輪(2・5キロ)。

有楽町線は延伸により、臨海部と都東部との行き来がしやすくなるほか、通勤時の混雑で知られる東西線が通る東陽町駅も新設されるため、同線の混雑緩和が期待される。南北線は六本木などの都心部とリニアの始発駅となる品川駅との接続で利便性がアップする。

建設費は有楽町線が約2690億円、南北線が約1310億円とされる。(福田涼太郎)

会員限定記事会員サービス詳細