宮城の養鶏場、殺処分完了 鳥インフル、2万8千羽

宮城県は27日、鳥インフルエンザが発生した石巻市の養鶏場で、計約2万8千羽の殺処分を完了したと発表した。

県によると、24日に養鶏場から「多くの鶏が死んでいる」と通報があり、遺伝子検査の結果、25日に「疑似患畜」と確定した。約3万3千羽が飼育されていたが、約5千羽が死んでいたという。県は埋却や農場の消毒を進め、28日に防疫措置を完了する見通し。

会員限定記事会員サービス詳細