現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

千利休500年

突然の切腹 秀吉の怒りか 三成の陰謀か

政治や武家に通じ、今に至る茶道を大成した千利休は今年が生誕500年になる。多方面の活躍と謎の多い生涯で現代人をも引きつける「茶聖」の魅力に迫る。

□ □

「その日、京都は雷鳴がとどろき、雹(ひょう)が降った」。天正19(1591)年2月28日、天下統一を果たした豊臣秀吉に仕え、茶の湯を究めた千利休が、切腹して果てた。享年70。堺の商家に生まれ、安土桃山時代の武将・織田信長、秀吉の側近として政治的にも絶大な存在感を示したが、秀吉の怒りに触れたという。

鎌倉時代に中国から伝わった茶に禅の心を取り入れ、質素な道具立ての中に美を見いだして「わび茶」を大成させた利休。精神世界に落とし込んだ茶の湯は、表千家、裏千家、武者小路千家が利休を祖として受け継いでいる。

ランキング

  1. 宇宙への近道 鳥取砂丘「月面化」計画の潜在能力

  2. ノーブラ派の落とし穴?! 専門家が恐れる「たんたんたん現象」 ノンワイヤーの「涼ブラ」でキレイとラクを両立 [Sponsored]

  3. 【びっくりサイエンス】過剰な筋トレに死亡、がん発症リスク 東北大など解明

  4. 【クローズアップ科学】トンガ沖海底火山 19世紀以来の幻の自然現象だった

  5. 【性ホルモンを学ぶ】⑪実は難しい「夫婦の自然妊娠」 人生設計に不可欠な性教育

  6. 【動画】大阪で話題の「クマの手カフェ」 完全非対面のワケ

  7. 研究者ら大量雇い止め恐れ 非正規、令和5年3月契約終了

  8. 若年層にも広がる「帯状疱疹」 コロナ禍で増加に拍車か

  9. 準強制性交容疑の男性市議に辞職勧告、滋賀・高島市

  10. 原発事故調査、ふたの接ぎ目で高線量 放射性物質の通り道か

会員限定記事