ウクライナ支援のため五輪「銀」売却へ ドイツの元自転車選手

ウクライナ首都キエフでの爆撃後に自宅から救出され、警察官に支えられる女性=15日(AP=共同)
ウクライナ首都キエフでの爆撃後に自宅から救出され、警察官に支えられる女性=15日(AP=共同)

自転車ロードレースのツール・ド・フランスでステージ優勝5度の実績を持つドイツ人のトニー・マルティン氏が27日、ロシアに侵攻されたウクライナの子供を支援するため2012年ロンドン五輪のタイムトライアルで獲得した銀メダルをオークションで売却することを明らかにした。

昨年引退した36歳のマルティン氏は自身のインスタグラムに「私のキャリアで勝ち取った最も大事な勲章を手放すのは簡単ではないが、何百万人がほとんど全てのものを失っている事実を考えると少しでも役に立ちたい」と思いをつづった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細