松井氏「十分やりきった」 来春で大阪市長退任し引退意向

日本維新の会の党大会終了後に記者会見を行う松井一郎代表(中央)=27日午後、大阪市北区(安元雄太撮影)
日本維新の会の党大会終了後に記者会見を行う松井一郎代表(中央)=27日午後、大阪市北区(安元雄太撮影)

日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は27日の記者会見で、来年4月の任期満了で市長を退任し、政界を引退する意向を重ねて示した。「大阪で20年政治をやってきて十分やりきった思いを持っている」と述べた。後継については党規約に委ねるとした。

引退後の懸念はないか問われると「政党は政策実現のための道具。必要なくなれば廃棄されるし部品が古くなれば替えられる。これから将来どうなるのかといった懸念は一切ない」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細