旭川中2凍死、いじめ認定 第三者委が遺族に報告

北海道旭川市でいじめを受けた疑いがある中学2年の広瀬爽彩(さあや)さん=当時(14)=が昨年3月に凍死した状態で見つかった問題で、事実関係を調査してきた第三者委員会が27日、「いじめとして取り上げる事実」があったと認定し、遺族側に報告したことを明らかにした。認定したのは6項目としたが、詳細は近日中に公表するとしている。

生前の広瀬さんや遺族は「いじめ」被害を訴えてきたが、第三者委を設置した市教育委員会や学校は認めておらず、その有無をめぐる第三者委の判断が注目されていた。

市教委の黒蕨(くろわらび)真一教育長は「大変厳粛に受け止めている。この結果を踏まえ、いじめの積極的な認知や適切な対処が行われるよう対策強化に取り組む」とコメント。遺族は「いじめがあったと訴え続け、認められるまで3年かかった。娘が生きている間であれば良かったと思う」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細