宇野初優勝、鍵山2位 世界フィギュア最終日

男子フリーで演技する宇野昌磨=モンペリエ(共同)
男子フリーで演技する宇野昌磨=モンペリエ(共同)

フィギュアスケートの世界選手権最終日は26日、フランスのモンペリエで行われ、男子で北京冬季五輪銅メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)がショートプログラム(SP)に続いてフリーもトップの202・85点をマークし、自己ベストの合計312・48点で初優勝を果たした。日本勢で2017年大会の羽生結弦(ANA)以来5年ぶりで3人目。

北京五輪銀メダルの鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)はSPに続いてフリーも2位の191・91点を出し、合計297・60点で2年連続の2位。日本は上位2人の順位合計が「13」以内となり、来年の世界選手権(さいたま市)の出場枠で最大3を確保した。

ビンセント・ゾウ(米国)が合計277・38点で3位。友野一希(セントラルスポーツ)が合計269・37点で6位。

北京五輪王者のネーサン・チェン(米国)が出場を取りやめ、羽生も右足首故障で欠場した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細