過酷な北極圏の海底に“化石”を食べる生物、その知られざる生態

北極圏の海底は海氷で光がさえぎられ、栄養が乏しく、ほとんどの生物は生きられない。ところが、そこに巨大な海綿動物が大量に生息していることが研究によって明らかになった。しかも、絶滅した生物の“化石”を食べて生きているという。いったいどんな生物なのか?

北極圏の中央部の海底を約80マイル(約129km)にわたって伸びるラングセス海嶺は、岩が多く不毛な場所で、ほとんどの生物は生きられない。それもそのはず、ほかの生産性の高い海とは異なり海面の氷が光をさえぎっているので、ここには栄養がほとんどないのである。

とはいえ、数千年前までラングセス海嶺の頂上は火山活動が活発で、筒状をしたチューブワーム(世界各地の熱水噴出孔の動画で見たことがあるかもしれない)の餌となる硫黄を発生させていた。正確に言うと、チューブワームと共生する細菌が硫黄を食べてエネルギーに変換することで、チューブワームは生きられるわけだ。

ラングセス海嶺の火山活動はだいぶ前に止まってしまったが、生命は残っている。こうしたなか科学者たちは、これまで知られていなかった種類の生態系が水深約2,000フィート(約600m)にある海嶺の尾根に沿ってどのように氷の下で繁栄しているのか、説明する論文をこのほど科学誌『Nature Communications』に発表した。

「この巨大な塚に何が生息しているのかは誰も知りません」と、アルフレッド・ウェゲナー研究所の極地海洋研究ヘルムホルツセンターの所長を務めるアンティエ・ビュティウスは語る。「ここでいう巨大な塚とは、地球上に3.8kmにも及ぶとても大きな未知の山があるという意味です。誰もそこを探索したことがありません。誰も写真も撮ったことがなく、どんな種類の植物や動物が住んでいるのか誰も知らないのです」

ビュティウスらは砕氷船から吊り下げた遠隔操作の探査機の助けを借り、この海嶺はチューブワームではなく、それぞれ幅3フィート(約90cm)もある巨大な海綿動物に占拠されていることを発見した。これらの海綿動物は平均して300年前から生きており、もっと古くから生きているものもいる。

“化石”を食べるよう進化した海綿生物

不思議なことに、海綿動物もチューブワームと同じように細菌を利用した生存戦略をとっている。違いは、海綿動物は2,000年前に死んだチューブワームの残骸を餌にしているという点だ。つまり、絶滅して化石化した熱水噴出孔の生態系が、さらに奇妙な生物の群集を生み出しているのである。

「これはまるで森のようです」と、マックス・プランク海洋微生物学研究所の生態学者であり海綿動物の専門家で、論文の筆頭著者でもあるテレサ・マリア・モルガンティは言う。「砂漠の真ん中にある生命の泉と言えます。かつてあった生物群集を海綿動物が利用できたことは、本当に驚きです」

会員限定記事会員サービス詳細