ET―KING 活動自粛 メンバー大麻所持疑いで

「ET-KING」のボーカルで、KLUTCHとして活動する隈部将治メンバー
「ET-KING」のボーカルで、KLUTCHとして活動する隈部将治メンバー

ヒップホップグループ「ET―KING」のボーカルで、KLUTCHとして活動する隈部将治メンバー(43)が大麻取締法違反(所持)の疑いで、書類送検されたことを受け、同グループが当面活動を自粛することが26日、分かった。公式ホームページで公表した。所属事務所は「事実を確認中」としている。

公式ホームページなどによると、ET―KINGは平成11年結成で18年メジャーデビューした。2025年大阪・関西万博の応援ソングを作るなど大阪を拠点に活動している。詳しい状況が分かるまで活動を自粛するという。

捜査関係者によると、隈部メンバーは容疑を認めているが、家宅捜索で見つかった大麻はごく微量で、検察は立件の可否を慎重に判断するとみられる。

書類送検容疑は2月、大阪市内の自宅でごく微量の乾燥大麻を所持していた疑い。吸引に使用したとみられる器具も見つかったという。

■ET―KINGメンバー、大麻所持疑い書類送検


会員限定記事会員サービス詳細