「忘れない」涙の黙とう 8人犠牲の那須雪崩5年

雪崩事故から5年を前に開かれた追悼式で、追悼の辞を述べる遺族の鏑木恵理さん(中央)=26日午前、栃木県大田原市の県立大田原高
雪崩事故から5年を前に開かれた追悼式で、追悼の辞を述べる遺族の鏑木恵理さん(中央)=26日午前、栃木県大田原市の県立大田原高

栃木県那須町で2017年3月、登山講習中の県立大田原高(大田原市)の山岳部員7人と教員1人が雪崩で死亡した事故が27日に発生5年となるのを前に、同校で26日、追悼式が行われた。遺族たちはまぶたを押さえながら亡き子に思いをはせ、1分間の黙とうをささげた。校内に「那須雪崩事故を忘れない」の文字が刻まれた慰霊碑が建立され、公開された。

追悼の辞で、犠牲になった2年生鏑木悠輔さん=当時(17)=の母恵理さん(54)は「あなたたち8人は私たちにとって一人一人かけがえのない本当に大切で光り輝く宝物」と述べた。

公開された慰霊碑。「那須雪崩事故を忘れない」の文字が刻まれた=26日午前、栃木県大田原市の県立大田原高
公開された慰霊碑。「那須雪崩事故を忘れない」の文字が刻まれた=26日午前、栃木県大田原市の県立大田原高

慰霊碑は、遺族を交えた建立委員会が事故の風化防止などを目的に設置。縦約1・1メートル、横約1・6メートルで、この日の追悼式前に遺族ら約30人が除幕した。

遺族と県教育委員会、高体連による追悼式は雪崩の現場近くで開かれてきたが、慰霊碑設置に併せて初めて同校で実施した。

雪崩事故から5年を前に開かれた追悼式で、黙とうする遺族=26日午前、栃木県大田原市の県立大田原高
雪崩事故から5年を前に開かれた追悼式で、黙とうする遺族=26日午前、栃木県大田原市の県立大田原高

卒業生らも犠牲者悼む

同校には式の終了後も卒業生らが訪れ、亡くなった8人を悼んだ。

慰霊碑に手を合わせに来た卒業生人見武彦さん(80)は「親御さんの気持ちを考えるとやるせない」と目に涙を浮かべていた。

1年生の奥公輝さん=当時(16)=を亡くした父勝さん(50)は取材に応じ、「那須雪崩事故を忘れない」の文字が刻まれ、風化防止のため設置された慰霊碑を前に初めて式が行われたことを評価した。その上で「これまでは、ただ悲しくて暗い気持ちだった。今日は息子との思い出を振り返りながら帰路につける」と語った。

雪崩事故から5年を前に開かれた追悼式で、公開された慰霊碑を見つめる遺族=26日午前、栃木県大田原市の県立大田原高
雪崩事故から5年を前に開かれた追悼式で、公開された慰霊碑を見つめる遺族=26日午前、栃木県大田原市の県立大田原高
雪崩事故から5年を前に開かれた追悼式で公開された慰霊碑。「那須雪崩事故を忘れない」の文字が刻まれていた=26日午前、栃木県大田原市の県立大田原高
雪崩事故から5年を前に開かれた追悼式で公開された慰霊碑。「那須雪崩事故を忘れない」の文字が刻まれていた=26日午前、栃木県大田原市の県立大田原高
栃木県立大田原高で行われた追悼式に参列した同県教育委員会の荒川政利教育長(中央)=26日、栃木県大田原市
栃木県立大田原高で行われた追悼式に参列した同県教育委員会の荒川政利教育長(中央)=26日、栃木県大田原市
雪崩事故の追悼式で手を合わせる遺族の奥勝さん(右)=26日、栃木県大田原市の県立大田原高
雪崩事故の追悼式で手を合わせる遺族の奥勝さん(右)=26日、栃木県大田原市の県立大田原高
栃木県大田原市の県立大田原高に設置された雪崩事故の慰霊碑。左は同校の卒業生人見武彦さん=26日
栃木県大田原市の県立大田原高に設置された雪崩事故の慰霊碑。左は同校の卒業生人見武彦さん=26日



会員限定記事会員サービス詳細