新型「iPad Air」の進化に見る「ノートPCとの融合」の現在地

アップルが「iPad Air」の第5世代となる2022年モデルを発表した。独自チップ「M1」の搭載により高性能化が図られた新モデルからは、アップルが目指す“ノートPCとの融合”の方向性と現在地が見えてくる。

アップルがタッチ式ディスプレイを搭載した「MacBook」を発売することはあるのだろうか。たぶんないだろう。だが、アップルはタッチ式ディスプレイを搭載したMacBookに非常によく似たデバイスの出荷を3月18日に開始する。

誤解のないように言えば、アップルは3月8日(米国時間)にオンライン開催された新製品発表会で、新型MacBookを披露していない。それでも、極めて“コンピューター”のように感じられるタブレット端末は披露している(そもそもコンピューターとは?と疑問に思われるだろうが、これについては改めて説明したい)。

アップルが発表した製品は「iPad Air」の第5世代となる2022年モデルだ。5G接続、超広角カメラ、USB-Cポートなど、その機能のいくつかは時代に合わせてアップデートされている。

とはいえ、この製品をより“Macらしく”している点は、その心臓部にある新しくなったチップだろう。今回のモデルチェンジの目玉は、2020年モデルの「MacBook Air」や「MacBook Pro」、2021年モデルの「iMac」や「iPad Pro」と同じアップル製のプロセッサー「M1」チップだ。

アップルは、すでにラインナップの上位モデルには独自チップ「M1 Max」と「M1 Ultra」を搭載している。その点から考えれば、M1はアップルの「高速」の基準からすれば古びているのかもしれない。それでも最もベーシックなiPadより常に高価であり、最もパワーのあるiPadほどのパワーはない「中間」に位置するデバイスであるiPad AirにM1が搭載されたことは、アップルのタブレット端末がまたひとつ「PC」の地位に昇格したことを意味する。

次なるディスラプションの可能性

アップルのモバイルOSの端末とMacBookが何らかのかたちで統合される可能性については、テクノロジー製品の評論家も消費者も何年も前から考えてきた。しかし、それはまだ現実のものとはなっていない。

ハードウェアの観点から見れば、たとえタブレット端末にキーボードが付属していたとしても、本格的なキーボードを備えたノートPCはタブレット端末にはない実用性をもたらしてくれる。そしてアップルは、ノートPCにタッチ式ディスプレイを搭載するアイデアを一貫して否定してきた。

アップルのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギは18年の『WIRED』US版のインタビューで、「腕を持ち上げて画面を突っつくのは、かなり疲れる動作ですよね」と語っている。つまり、タッチ式ディスプレイを搭載したノートPCは(Windowsのタッチ式ディスプレイ搭載ノートPCが何百万台も売れているにもかかわらず)よくないということなのだ。

CCS Insightのチーフアナリストのベン・ウッドによると、MacBookとiPadの間にはまだ大きな隔たりがある。だが、両製品は進化し続けるにつれ、より接近していく可能性があるという。

「(MacBookに)明らかに欠けているものは、やはりタッチ式のディスプレイと携帯電話の通信網への接続機能です」と、ウッドは言う。「これがいつ、どのように変わるのか興味があります。アップルがMacBookシリーズを5G対応にできたとき、次のディスラプション(創造的破壊)が訪れるかもしれません」

会員限定記事会員サービス詳細